さつまいもとピーナッツと朝顔を植えたよ

事務局の裏の畑でちょこっと農業    アグリカルチャーくらぶ

2017年5月27日(土) AM10:00~11:30 参加者 5世帯(子ども7名 大人5名)

さわやかな5月晴れのもと、「事務局の裏の畑でちょこっと農業」をキャッチフレーズに今年も植えました! さつまいも(安納芋・紫芋)30本とピーナツ。小さな7畝の畑はこれでいっぱい。  昨年、雑草に負けて芋が小さかった反省から、今年は刈った草を土にかぶせて雑草や乾燥をふせぐ草マルチ方式を試しています。川からひしゃくで水をくみ、じょうろでたっぷり水やり。こんな作業もなかなかできない体験です。

いも1

続いて、宇宙飛行士・山崎直子さんが宇宙へ持って行ったアサガオの種の子孫をプランターに植えました。この種は「福島宇宙少年団福島分団きぼう」の子どもたちが増やしたものを、山崎さんから、みんなの劇場代表の徳持さんが直接、台湾でいただいたもの。宇宙と福島と岡山をつなぐ意味もあります。げきじょうのグリーンカーテンになる予定ですので、電車からもよく見えるはず。

そして、残ったピーナツと「水くぐり」という青大豆をポットに植えてそれぞれ持ち帰りました。青大豆やは駐車場の片隅でも育ててみるつもりです。 秋の収穫祭にむけて、畑の見守り隊、大歓迎です!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です