鑑賞会スケジュール

鑑賞会の日程です。鑑賞希望の方は事前にお問合せください。>> コチラ  

鑑賞会レポート

公演済み鑑賞会

new!

これからのステージ   


garakuta_pr_p12019年3月17日(日)14:00開演(上演時間1時間30分休憩あり)ゆめトピア長船(瀬戸内市土師277-4)

万華鏡のように繰り出される 自由で奇想天外な即興セッション!

ガラクに命を吹き込む打楽器奏者「山口とも」と、すべての命に向けて音を紡ぐピアニスト「重松壮一郎」 ふたりの音が、みんなの前で出会い、ジャンルを超えたその場かぎりの音楽を生み出します。命が吹き込まれたガラクタたちから、パッと咲いたピアノの花。ゆかいだけど美しい。生のステージじゃないと体験できない魅力が満載です!


ゴーシュ_チラシ5月はどちらか選んで観ます(どちらも観たいときは+W会費が必要です。)

≪幼児~低学年≫

劇団わらび座「セロ弾きのゴーシュ

2019年5月11日(土)18:30開演(上演時間1時間)百花プラザ

ーシュはひとりぼっちだ。町外れの水車小屋にたった一人でくらしている。   金星交響楽団でセロを弾いているが・・・下手。楽団は 10日後、音楽会でベートーベン第六交響曲を発表することになっている。  しかしゴーシュは、「このままでは音楽会には出られないぞ」と楽長に言われてしまう。夜中、夢中になって練習していると一匹の三毛猫がたずねてきた。 そして生意気な顔で「トロメライを弾いてごらん」という。の日から、ゴーシュと動物たちの不思議な夜が始まった。

銀鉄表紙≪高学年~大人≫

人形劇団クラルテ「銀河鉄道の夜」

2019年5月30日(木)19:00開演 西川アイプラザ

ジョバンニは毎日学校が終わると、活版所で活字を拾う仕事をしている。学校の友達からはからかわれていたが、親友のカンパネルラだけは違っていた。
ケンタウルス祭の夜、ジョバンニは病気の母親のために牛乳をもらいにでかけると、またいつものように他の子どもたちにからかわれる。その中にはカンパネルラもいた。ジョバンニは彼の眼を避けるようにその場を去り、露の降りかかる林の小道をどんどん登っていった。
がらんと空がひらけた真っ暗な丘に体を投げ出して星空を見上げると、にわかに大きな汽車の音。そしてまぶしい光とともに不思議な声が響く。「銀河ステーション、銀河ステーション」

宮沢賢治の最高傑作ともいわれる『銀河鉄道の夜』。命を吹き込まれた人形たちと賢治の銀河を旅してみませんか?


image-blank3シャボン玉のコンサートのはじまりはじまり/Ouverture des Saponettes bolle di sapone

2019年7月27日(土)18:30開演 百花プラザ

シャボン玉の魔術師ミケーレ・カファッジがイタリアからやってくる!

ヨーロッパ、イタリアを中心にシャボン玉アーティストとして活躍しているミケーレさん。シャボン玉・音・光を巧みに組み合わせ、まるでオーケストラのようなシャボン玉ショーで観客を魅了します。楽器から奏でられる音はシャボン玉。さあ、シャボンのコンサートをはじめましょう♪

≪幼児・低学年・大人≫人形劇団京芸「おもしろげきじょう」

9月と11月はどちらか選んで観ます。omoshiro_inukuma4

2019年9月15日(日)18:30開演(上演時間65分)百花プラザ

「いぬうえくんとくまざわくん」-ひとりで暮していたくまざわくんの家に、ある日いぬうえくんがやってきました。ともだちってなんだろう?なんでも分け合うってどういうことだろう?人と人が付き合っていく難しさと面白さを、暖かく愉快に描きます。

「ひとがたくん」-白いウレタンで作った「人」の形をしたひとがたくん。モノに命を吹き込むのが人形劇の得意技!ふたりの役者のコミカルな掛け合いと、シンプルな人形の躍動感あふれる動きに会場は大爆笑です。ほか「ゆかちゃんのおさんぽ」

「おもしろげきじょう」は大人もすっかりはまってファンになってしまう、あじわい深い作品です。一押しのおすすめ作品です。

≪高学年~大人≫ ヨーロピアンジャズ アコースティックデュオ

Yuriko_Kimura_duo_pochette-finale2019年11月3日(祝)開演時間・会場未定(日程変更の場合あり)

演奏は木村百合子(フルート)とMatthiu Roffe(ピアノ) フランス在住の二人は、主にヨーロッパを中心に活動されています。コンテンポラリージャズで活躍されていますが、今回はジャズ入門講座やスタンダード曲も入れた内容でお届けします。ジャズ好きな方はもちろん、初めての方も楽しめるコンサートです。


劇団うりんこ「おじいちゃんの小さなひみつ」

slider012019年12月7日(土)開演時間18:30百花プラザ

脚本・演出:バーント・フーグルンド出演:原田邦英 ひろ~み 小原ひろみ 柴田早苗

この作品は100人の60歳以上の方から、子どもの頃すごく嬉しかった思い出、すごく悲しかった思い出を集め、それをパズルのように組み合わせてつくりました。4人の役者が語り手にも演じ手にもなり、シューベルトの音楽と共に、男の子の心情を描きます。

物語は日常の一コマ一コマ。友達と映画を見に行ったり、おたふく風邪になったりと。でもその中に喜び、不安、安らぎ、欲望、葛藤など繊細な心模様が描かれています。子どもも大人も、おじいちゃんの語る物語にきっと共感することでしょう。芝居を通して、世代を越えた心と心が生き生きとつながることを願っています。

バーント・フーグルンド

スウェーデンの劇作家・演出家・俳優。スウェーデンだけでなく北欧の多くの劇場やオペラハウスで作品を作り続けている。国際児童青少年舞台芸術協会アシテジにおいても国際的に活動。劇団うりんことの前作「ねむるまち」では、厚生労働省福祉文化賞を受賞。


≪幼児・低学年≫ 影絵音楽団くぷくぷ「きんぎょが にげた」 

stacks_image_67263月はどちらか選んで観ます。

2020年3月1日(日)14:00開演(上演時間50分)百花プラザ(予定)

音楽影絵と人形劇、ガムラン演奏 

五味太郎の人気ベストセラー絵本「きんぎょが にげた」が、そのまま美しい音楽影絵になりました。親子がいっしょに楽しめます。
隠れているきんぎょを子どもたちが見つけ、語り部の演奏にあわせみんなで歌いながらきんぎょを追いかけていきます。元気なきんぎょは、絵本で描かれている部屋からさらに飛び出し、南国の街へ、そして動物たちがいる森へと向かいます。さて、きんぎょはどうなるのでしょうか?
併演作品の動物人形劇「ワニとやんちゃなしか・カンチル」は、ジャワの伝統的な形式の人形劇。人気者のかしこい豆ジカ・カンチルはワニたちに捕まっても、トンチを効かして大活躍! ガムラン音楽と歌と舞が加わり、よりドラマチックな人形劇です。

≪高学年~大人≫  KOYO マイムライブ 

c19164270012020年3月13日(金)18:45開演(上演時間1時間) 百花プラザ(予定)

昨年、シャープな動きと斬新な発想のマイムで会場を笑いの渦に巻き込んだ、マイムアーティストのトップスター山本光洋が、再び、みんなの劇場にやってきます。キューピーさんが空を飛んだり、右手のピーちゃんが踊ったり、女性の服とダンスをしたり・・・それからそれから

パントマイムとマジックと人形劇がいっしょになったKOYOワールド

鑑賞会の日程です。鑑賞希望の方は事前にお問合せください。 >> コチラ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です