人形劇団京芸 おもしろげきじょう 終了しました

IMG_8684

「ひとがたくん」は関西ののりつっこみで会場を笑いの渦に!

おもしろげきじょう【人形劇団京芸】
 いぬうえくんとくまざわくん
ゆかちゃんのおさんぽ                          ひとがたくん

2019年9月15日(日)14:30開演 上演50分
百花プラザ多目的ホール  参加170名

みんなの感想                     ・はちみつのところがふしぎだった。
・いぬうえくんがほえたところがおもしろかった。
・くまざわくんが、ジュースをこぼしてたのがおもしろかった。
・はちみつが出てきてくまがたべるところがおもしろかった。

IMG_8681

マイペースないぬうえくん

 

・よそみしてはちみつをいれるのがおもしろい。                             ・もういっかい見たいです・おもしろかったよ。                               ・ぼくはくまざわくんににている。                                      ・くまざわくんといぬえくんが、なかなおりしていたのがすごくいいところだとおもいました。    ・ひとがたくんもおもしろかったし、ゆかちゃんのおさんぽもおもしろかったし、くまざわくんといぬうえくんもおもしろかった。

 

 

IMG_8687

くまざわくん、はちみつ紅茶を飲む。大好きなはちみつをカップに注ぐシーンが大反響。

 

 

IMG_8688

終演後、舞台道具や人形を視たり触ったりする時間がありました。

 

シャボン玉のコンサート最高!

ミケーレ・カファッジ  シャボン玉のコンサートのはじまり はじまり

2019年7月27日(土)18:30~19:40 百花プラザ   参加者約300名

陽気なイタリア人シャボン玉魔術師ミケーレ・カファッジさん 最高に素敵な舞台を見せてくれました。会場から選ばれて次々と舞台へ上がり、楽しめた皆さん、本当にラッキーでしたね。

照明に照らされ虹色に輝くシャボン玉.会場から自然と歓声が沸きあがります。バブルマシンで天井や両サイドから降り注ぐシャボン玉、シャボン玉Iの中にシャボン玉、煙入りシャボン玉、 長いシャボン玉、消えないシャボン玉・・・夢見心地でした。

クラウンらしい身のこなしで、ユーモアたっぷり。シャボン玉のコンサートらしく、クラリネットやトランペットなどいろいろな楽器を演奏しつつシャボン玉も作っちゃう!

子どもも大人も会場中がハッピーになりました。ありがとうございました。

看板

中学生会員による絵看板 センスいいね!

ミケ

煙入りシャボン玉はどんどん上昇

IMG_0976

虹色に輝くシャボン玉は夢の世界です

IMG_0957

会場から選ばれたヤングマダムたち ミケーレさんのお手伝い

IMG_0967

シャボン玉すくい

あきらときっぺい1

シャボン玉の中でもふたりはともだち

はんこ

劇場名物けしごむハンコ。ミケーレファミリーにも大好評!

 

 

くるくるシャボンをつくったよ

くるくる22019年7月13日(土)10:30~11:30 西大寺公民館 第1講座室 参加23名

7月鑑賞会シャボン玉ショーつながりで、「くるくるシャボン」作りのワークショップを開催しました。

講師のピエールいけのうえさんがすこぶる面白かったよ
おかげさまで楽しく綺麗な消えないシャボン玉ができました…動画でお見せできないのが残念~
アコーデオンの伴奏に合わせての替え歌も上出来で、みんなもくるくる回りました。

イタリアのシャボン玉クラウン ミケーレさんが待ち遠しいな。                     ピエールさん、ありがとうございました。

自然体験&新中高生を祝う会&げきじょう交流会2019

全景

大きな柿の木も新芽が芽吹いています。 50人いても広々の劇場事務局庭

2019年4月21日(日)10:00~12:30
みんなの劇場事務局周辺

暑いくらいの陽気の中、餅つきメインのデイキャンプを開催しました。
参加者には常連さんから劇場に入会したてのファミリーもいます。
開会前から虫とりや魚とりに夢中の子たち。

家族ごとの自己紹介と新中・高校生の紹介の後、子ども達は劇場リーダーのパパについてお散歩。草花や虫やそれぞれの春を見つけました。

あめんぼを捕まえてうれしそうな男の子

帰ってくると、もち米も蒸しあがり、餅つきスタート。
最初の練るのが肝心!ここはパパのお仕事です。
だいたい出来上がると子ども達の出番!ぺったんぺったん小さなきねでつきました。

もちねり

蒸しあがったもち米を杵でねりねり。ここが肝!

1臼目はあんもちを作りました。
あんこは事前に丸めておいて、平たく丸くしたおもちで包みます。
ベテラン会員さんがあんのつつみ方を伝えます。

もちまるめ

ベテランさん、さすがの手つき 何事も経験と慣れですよ

あんもち

できたできた、あんもちができた!

2臼目は水餅。つきあがって返す時に水を多めに足して、やわらかいおもちにします。
小さ目にちぎって、きなこやおろしポン酢、納豆でいただきます。
のどごしがよくて、もっと食べたい~の声続出。大なべで作った豚汁もおかわり自由。

スモア

お腹がいっぱいになったけれど、スモアは別腹。あぶったマシュマロをチョコビスケットやクラッカーではさんで食べます。

まだまだ遊び足りなさそうな子どもたちもいましたが、大人は心地よい疲労感の中、春のデイキャンプしめくくりました。泣きべそかいても、思い通りにならなくてもすべては経験!皆さんお疲れ様でした。

ワタシノタメ企画 イタリア・サルデーニャ編

ラフィ1ラフィ22019年は、幸先よいスタート‍♀️
新春はじめての行事「美しき文化と芸術の島 la bella サルデーニャ 」は、素晴らしい文化交流会になりました。
講師のラッフィーさんは、目(映像)耳(音楽)そして舌(料理)でサルデーニャの魅力を存分に語ってくださいました。
海はエメラルドのように美しく、山は野生の馬など自然の宝庫、歴史的にも貴重な巨石遺跡「ヌラゲ(NURAGHE)」はアトランティス説もある謎めいた魅力を放っています。
あー、一度訪れてみたい

ラフィ3

そしてお話の後は、もぐもぐタイム。
ラッフィーさんが、調達してくれたペコリーノチーズに薄っぺらなパーネカラサウ、そしてパスタをラッフィーさん手作りのラグーでいただきました。
きっと行こう サルデーニャ