さつまいも、いっぱい掘れました!

2020年11月28日(土)14:00~15:00 事務局の畑 参加10名

いもほりレディース10名でがんばりました。苗が暑さで枯れたり、カラスに引っこ抜かれたり、なかなかおいもが成長しなかったり、今年はもうだめかとあきらめかけたこともありました。が、ご覧ください!! こんなに立派な収穫がありました。落花生も大きく実っています。 12/6の収穫祭はやきいも作ります!

シャベルで回りを掘り起こし、仕上げはスコップで慎重に土をかき分けて・・・ いっぱいあるある!

シャベルで回りを掘り起こし、仕上げはスコップで慎重に土をかき分けて・・・
いっぱいあるある!女子パワーでがんばりました。

こんなにたくさん収穫できました。焼き芋にぴったりサイズ。

こんなにたくさん収穫できました。焼き芋にぴったりサイズ。

こんなに大きなおいももあったよ!

こんなに大きなおいももあったよ!

ゆで落花生、おいしいよ

落花生、ゆでるとおいしいよ

「子どもまちなかアート探検」でワクワク体験!

リアム・ギリック「多面体的開発」をどこから見るのが一番好きかを探します。 通りがかりにランドマーク的に見たことがあっても、じっくり見たことのある人は少ないはず。 城下に噴水広場から見上げる好きな人、シンフォニーホールといっしょがいいと思う人、青空バックがいい人。 同じ作品と場所なのにずいぶん違っています。それぞれの好きなポイントをなるほどどれもいいねと共有しました。 スマホやタブレットで撮影したり。

リアム・ギリック「多面体的開発」         
通りがかりにランドマーク的に見たことがあっても、じっくり見たことのある人は少ないはず。

アートと人をつなぐ対話型プログラム 子どもまちなかアート探検  

2020年10月25日(日)

1回目  10:00~11:30 親子4組 2回目  13:00~15:00   親子5組

今回のコースと作品≫
城下/リアム・ギリック「多面体的開発」
RSK本社前/岡本太郎陶板レリーフ「躍進」
岡山神社/ダン・グラハム「木製格子が交差するハーフミラー」
天神山文化プラザ/岡部玄「天神鰻」と建物(設計:前川國男)     

芸術の秋の日に、岡山市中心部の町を歩きながら、作品や建物を*対話型鑑賞しました。ナビゲーターは「みるを楽しむ!アートナビ岡山」の皆さん。新しい生活スタイルに合わせて、ワイヤレスガイドレシーバーを使用し、ソーシャルディスタンスを保ちながらマイクを通して会話ができる仕組みです。

*対話型鑑賞とは、事前の作品情報なしにグル―プで作品と向き合い、
ナビゲーターの問いかけに答える形で思うままに作品について語り合い、シェアします。鑑賞中にシェアされた様々な価値観や考え方は社会とともに
より開かれたコミュニケーションと日常の創造につながります。
1980年代半ばにアメリカのニューヨーク近代美術館(MoMA)で開発されたアートの鑑賞法で、英語ではVTS(Visual Thinking Strategies)。

城下の噴水広場に集合。リアム・ギリック「多面体的開発」をどこから見るのが一番好きかそれぞれが探します。噴水から見上げる好きな人、シンフォニーホールといっしょがいいと思う人、青空バックが好きな人。同じ作品と場所なのにずいぶん違っています。それぞれの好きなポイントをなるほど、どれもいいねと共有しました。

岡山神社 ダン・グラハム「木製格子が交差するハーフミラー」

岡山神社 ダン・グラハム「木製格子が交差するハーフミラー」 作品より本殿の人形が気になる子たちも。

七五三で賑わう岡山神社。「回転扉みたい」な作品をいろんな方向から見て、感想を話します。どうしてここにあるのかな? じゃまじゃない? 木と金属が組み合わさった作品を、「新しいものと古いものが一緒になったよう」という感想も。

岡本太郎陶板レリーフ「躍進」。以前は岡山駅構内に地味にありましたね。新しい場所を得て、通りがかりの人が次々記念撮影しており、新名所の予感。

RSK本社(新社屋)の岡本太郎陶板レリーフ「躍進」。以前は岡山駅構内に地味にありましたが、新しい場所では通りがかりの人が次々と記念に撮影していました。インスタ映えする新名所の予感。

岡本太郎の巨大作品の前に立つだけでものすごいエネルギーを感じます。作品中の同じ部分が人に見えたり、恐竜に見えたり、はだか祭りを連想したり。周りで聞いている大人も考えたり、そんな会話を楽しんでいます。

天神山文化プラザでは流木を組み立てた鯰が大きな口を開けて出迎えてくれました。 土地と作品が一体になった子ども達には一番人気の作品。

天神山文化プラザでは流木を組み立てた、岡部玄さんの天神鯰。土地と建物と作品が一体になった、子ども達に一番人気の作品。

天神山文化プラザ(天プラ)は来年3月までの改装工事中でしたが、
天神鯰が大きな口を開けて出迎えてくれました。この作品に出合い,じっとしていられる子はいません。吸い込まれるように体感し、大はしゃぎ。この作品はどんなアングルからとっても写真映えします。

天プラの建物の設計はモダニズム建築の巨匠 前川國男氏。
1962年建設当時はまだ周辺に高い建物がなく、岡山のランドマーク的な存在だったといいます。そこここに施された意匠に意味があり、ひとつひとつじっくり見て思いを話し共有することで、これからのモノの見方を変える本当に貴重な体験だと感じます。

青井天井にランダムに配された照明は夜空の星のように見えたのかもしれませんね。

青井天井にランダムに配された照明は夜空の星のように見えたのかもしれませんね。

≪参加した子どもたちの感想≫
・町中にいろいろなアートがあって、おもしろかっったです。
・たのしかった。色んなアートが見れておもしろかったです。アートはまだまだあると思うからまた見てみたいです。
・ふしぎなアートがたくさんあってとてもたのしかった。アートはなんのためにつくっているのですか?                       ・たのしかった。
・みんながいろいろなことをアートに言っていることがわかった。
また、アート探検に参加したい。
・今日はたのしかったです。ほしの天井がすてきだった。
・いつもよりいけんが言えてうれしかったです。
ばらばらの電気がほしみたいできれいでした。
こんどはもっといけんがいえたらいいとおもいました。
・アートの歴史がすごくわかって、勉強になった。
・べんきょうになった。天じんなまずがおもしろかった。

マリオネットワークショップbyココン

119733744_3302784079828746_8354290651878317629_n[1]「トレテツクパレード」人形劇公演の前に、ココンさんのマリオネット作りのワークショップを開催しました。秋晴れの絶好の行楽日月和に、こちらを選んで集まってくれた子どもたちは猛者ばかり。ココンさんも胸躍るような素敵なマリオネットができました❣️

 

 

119770700_3302783969828757_1966561698387385587_n[1]

作り方はもちろん、表現することについてもお話ししてくれました。子どもたちもいろんなアイデアを考えて、めちゃくちゃ楽しい時間になりました。

 

 

 

119966101_3302783843162103_5780468566766853349_n[1]

 

 

缶頭マリオネットを作ろう、動かそう
2020年9月21日(月・祝)
13:30~15:30
西大寺ふれあいセンター研修室
参加13名

2020年夏休みフリー塾が終わりました。

毎年、地域の公民館と協働して行っている夏休みの子ども居場所事業「夏休みフリー塾」。今年は新型コロナ感染症で実施が危ぶまれましたが、規模を縮小して行うことにしました。いつものような賑わいはありませんでしたが、親子で参加できる講座もあり、少人数で落ち着いたフリー塾になりました。特別な夏の思い出です。

◆各講座と感想(西大寺公民館)

*向州公園で昆虫観察自然体験リーダーズクラブのみなさん)

自然・色々な虫の種類を知ることができた。

・みんなで虫を観察できて楽しかった。

・せみのぬけがらをみつけた。

*和太鼓鑑賞会(学芸館高校 和太鼓部のみなさん)

・お兄さん、お姉さんたちが全身で演奏していたので、とてもかっこよかったです。

・地面にしんどうがきて、はくりょくがすごかったです。

・とびきりウルトラたのしかった!

 

*刺し子でコースターを作ろう(高原真理さん)

・たのしかった。しずかだったのでしゅうちゅうできたと思います。

・いろんなもようの糸をうまく使えてよかったです。

・先生がやさしくねっしんにおしえてくださったので、とてもやりやすかったです。

*ハンセン病の歴史を学ぼう(長島愛生園歴史館学芸員 木下浩さん)

ハンセン病2・ハンセン病の差別について分かりやすくてよかった。

・病気が治っていても、見た目だけで差別されていたとは知りませんでした。

・動画があり、わかりやすかった。コロナが落ち着いたら愛生園に行きたいです。

・ハンセン病に対する差別があった事を忘れず、心に刻んでおきたいです。コロナの事も重なって、深く考えさせられました。(大人)

*生け花をしよう①②岸本弘恵さん)

生け花3・色んないけ方があり、家でもやってみようと思います。

・生け花のれきしや生け花をいける方法を知ることができた。

・花や草でいろんなふうにアレンジしたりしてすばらしい作品ができてすごいと思いました。

・生け花はきれいにしなきゃと思っていたけど、図工のように楽しくできた。

 

レジン工作~貝殻のストラップ(倉敷自然を愛する会会長 州脇清さん)

・貝でかわいいのができて楽しかった。

・貝の種類がいっぱいあって、選ぶ時に少し悩みました。

・貝のストラップを作るのは初めてだったけれど、きれいにできてよかったです。最後に海ホタルももらえて楽しい時間になりました。

 

ベーグルとタピオカドリンクを作ったよ!

【コロナ後初の子ども体験活動】                        親子料理テイクアウトシリーズ
『ベーグルとタピオカドリンクを作ろう!」が終了しました。

110146838_3109619022478587_2759016525681749756_n[1]109757048_3109619082478581_6609924622410810912_n[1]
参加してくれた親子のみなさん!
ありがとうございました
久しぶりに子どもたちの元気を感じて
ヘトヘトになりましたけど幸せ
新しい生活スタイルは
今までと180度の方向転換で
戸惑いも多く
参加のママに助けられてばかりでしたが
なんとか、美味しいベーグルサンドと
タピオカドリンクが出来上がりました❣️
1テーブルに1家族、そしてお持ち帰り
どうだったかなあ?

109696625_3109629742477515_1098887000016835900_n[1]

今回は会員さん限定でしたが
なれてきたら、一般参加もOKにしたいな
どんなときだって子ども時代は宝物
知恵を絞って
楽しい活動を続けられたらと思います。