大盛況でようござんしたね!                         『ふしぎ駄菓子屋銭天堂』@ハレノワ

「出会えてようござんしたね」

「出会えてようござんしたね」

2024年5月5日・子どもの日                                 人形劇団ひとみ座「ふしぎ駄菓子屋銭天堂」公演

岡山芸術創造劇場 ハレノワで無事終了しましたー

「舞台からも皆さんのお顔がよく見えたんでござんすよ」

「舞台からも皆さんのお顔がよく見えたんでござんすよ」

おかげさまで2回の公演で1000人近い親子に
お芝居を届けることができました!
ありがとうございました。
今をときめく「銭天堂」は、人間心理と駄菓子の
甘〜い誘惑が織りなすサスペンスなストーリー。
                                      子どもについてきた大人もしっかり楽しみました!
子どもが見たい物語はなるほど奥深い。
人形の紅子は人間より大きかったよ!
歌あり、アクションありと
人形劇の枠を飛び越える演出で、エンタメ感も満載。
子ども達からのプレゼント!紅子もしっかりいただきました。ありがとうござんす。

子ども達からのプレゼント!紅子もしっかりいただきました。ありがとうござんす。

「自分の願いが叶うお菓子工作ワークショップ。素敵な作品たちでござんした。」

「自分の願いが叶うお菓子工作ワークショップ。素敵な作品たちでござんした。」

子どもの日とあって終演後には
小さな駄菓子屋と駄菓子クラフトワークショップがオープン!
たくさんの親子で賑わいました。
「本物の銭天童のようでござんすね」

「本物の銭天童のようでござんすね」

 

「本物の銭天童と違い、大繁盛でようござんしたね」

「本物の銭天童と違い、大繁盛でようござんしたね」

 

岡山市子どもセンター&ハレノワ&みんなの劇場のコラボで
開催されたこの企画。来年も別の作品で開催予定です。
お楽しみに!

特別鑑賞会 松元ヒロソロライブ おかげさまで大盛況!!

1705282852801

松元ヒロソロライブ㏌岡山  Vol.12                                                                                    2024年1月14日(日)14:30開演                                                                                百花プラザ多目的ホール 全席自由  参加約300名

「テレビで会えない芸人」松元ヒロ。ヒロさんに会いに開場前からうれしい長蛇の列。前売り券はもちろん、当日券の売れ行きも順調! おひとりで来てくださる方が多いのも特徴かもしれません。皆さんお運びいただき本当にありがとうございました。

開演早々、ヒロさんの問いかけで300名を超える観客のうち、約3割が初めてのライブ体験とわかりました。戦争や不正や災害が続く中、レギュラーファンの期待も高まります。いつも以上にヒロさんもテンションが上がっている印象です。

冒頭は鉄板の首相ネタに続き、原発の処理水海洋放出の話。元旦早々の令和6年能登半島地震にも関連してでしょう。聞いて、笑って、たくさんの情報や意見をどう見極めるのか改めて考えさせられました。深刻なネタもわかりやすく、庶民の目線で笑わせてくれるヒロさんです!

今回はパントマイムもたくさん演じてくれました。もちろん、上手い!舞台志望だったヒロさんがマイムの道に入ったきっかけが鹿児島なまりとチャップリンとの出会いだったそう。昨年亡くなった第一人者ヨネヤマママコの孫弟子のあたること(Wikiの情報を本人訂正)、マイムの神様マルセル・マルソーマルセ太郎の話など。日本のマイムの歴史を聞いているようでした。

1705282924996

人権や平和にまつわる3つのテーマで本編終了。予告アンコールはおなじみニュースと天気予報です。観客の記事原稿の朗読に合わせ、ヒロさんがマイムを演じるというもの。今回の読み手は某中学校のA先生。演劇部顧問だけあって、活舌よくさり気に注目を集め、ヒロさんから目立たぬよう注意( ´艸`)をうけていました。

以下、今回のライブに登場した本や映画を紹介します。

『やじと民主主義』                                 北海道放送報道部道警ヤジ排除問題取材班 (著)                               2019年7月15日に起こったいわゆるヤジ排除問題を北海道放送報道部の取材班が4年間に渡り追い続け、ニュース報道からドキュメンタリー番組と発信し続け、数多くの賞を受賞しながら、2022年には書籍化、そして2023年春にはTBSドキュメンタリー映画祭で上映された。https://yajimin.jp/

『真珠湾攻撃総隊長の回想 淵田美津雄自叙伝』                  淵田 美津雄(著) 仲田整一 (編集, 解説) 講談社文庫                海軍機動部隊の精鋭360機を率いハワイ奇襲作戦を陣頭指揮し、ミッドウェー海戦で重傷を負い、原爆投下直後の広島で被害調査に従事し、厚木基地にマッカーサーを迎え、ミズーリ号での降伏調印式に立ち会った淵田美津雄。戦後キリスト教に回心し仇敵アメリカへ伝道の旅に出る。激動の時代を生き抜いた男の真実とは。

「福田村事件 -関東大震災・知られざる悲劇 」             

辻野弥生(著) 五月書房新社                        関東大震災直後、四国から千葉へやってきた行商人達が朝鮮人と疑いをかけられ、正義を掲げる自警団によって幼児、妊婦を含む9名が殺害された。映画『福田村事件』(森達也監修)が依拠した史科書籍。長きに渡るタブー事件を掘り起こした名著。

1705282998716

最近は「きちんとした舞台を観てほしい」との理由から、プロの照明・音響とタッグを組んだホール・バージョンのライブにこだわっているというヒロさん。スタッフから「つなぎの音楽も、とてもいいですね」とほめられ、「実は息子が選曲してくれてて」と嬉しそうに教えてくれました。おかげでネタに集中できて、とても助かっているそう。

古希超え、ますます磨きがかかるヒロさん。まさに「生で会いたい芸人」です!