わらび座 ミュージカル「セロ弾きのゴーシュ」報告

IMG_09342019年5月11日(土)18:30開演

百花プラザ  参加 200名

孤独で自信のない粗野なセロ弾きのゴーシュ。夜中、自宅に訪ねてくる動物たちとのレッスンを通して音楽テクニックを身に付け、ついには心のこもった音楽を奏で、セロ奏者としても人としても成長をを手にする物語。
原作を少し脚色し、ゴーシュの育ちのエピソードに厚みを持たせてあるおかげでスムーズに感情移入できました。

IMG_0938

 

役者さんは3人ユニットとは思えないほど何役も演じ、歌い、踊ります。スピード感のある展開に加え、聴かせる所は聴かせ、メッセージもユーモアも織り込んで飽きさせません。今回はわらび座の特徴でもある民舞の要素を取り入れた踊りがとても新鮮かつ好評でした。

 

IMG_0949

IMG_0946

劇中、狸といっしょに太鼓をたたく子を会場から募り、客席も一体。

 

劇中コンサートのアンコール場面の拍手が自然と会場から沸いたのも、さすが見慣れている劇場っ子たち。
舞台と客席の掛け合いこそ、生の舞台の醍醐味。見せてもらうだけでなく、一緒に舞台を作っていると改めて感じることができました。

 

みんなの感想より                                               ・ えんぎがとても大きくて見やすかったです。そして、歌もとてもきれいですごかったです。一つ一つの役がらがとても似ていて、おもしろかった。                            ・ どんなふうにゴーシュに気持ちの変化を表現していくのか楽しみに見させてもらいました。最初は下を向いていたゴーシュも最後はしっかりと前を見ていました。大切なメッセージがいっぱいつまった劇でした。たった3人と舞台セットでくりひろげられる迫力のあるストーリーに釘づけでした。                                                     ・ 3人の歌声がとてもきれいで、特に最後の3人のうたが合った所は感動しました。        ・ 色々な音があって、楽しかったです。太鼓にあわせてぼくもまねをしました。 歌や声など一つ一つがきもちがこもっていて、とてもよかったです。12月までがんばってください。
・ ゴーシュはとても大変なときもあったけれど、あきらめないでつづけなければきっと上手にできると思っていて、本当になったので、あきらめないことは大切だなと思いました。
・とてもゆかいでおもしろかったです。個人的にすきです。 歌にもパフォーマンスがあったステキだった。                                                    ・ 3人の舞台とは思えないほどの歌唱力でした。舞台芸術がとてもきれいで素敵でした。ユーモアもたっぷりで楽しかったです。これからも夢を沢山の子どもたちに届けてください。
・ おんがくのひょうげんがとてもよかった
・ たぬきのところがいちばんおもしろかったです。
・ さいごのきょくがだいたんだった。
・ 今回の劇を見て、ゴーシュの成長が見れて良かったです。自分もゴーシュ(最初の方の)に似ていたので、最後の方のゴーシュのようになりたいです。
・ すばらしかった。かっこよかった。
・ いろいろなことをゴーシュがまなんでよかった。さいご、すごくいいことになった。

IMG_0954

今回は芥子山エリアの有志たちがプレゼントを贈りました

5月~7月までおためしで舞台鑑賞会に参加してみませんか!

演劇は何もない空間に役者さんと観客でイメージを創りあげるアートなのです。共有したイメージの中で笑ったり、泣いたり、怒ったりとさまざまな感情を体験していきます。その面白さや醍醐味はやっぱり観てもらわないとわからない・・・

そこで提案!まずは5月~7月までお試しでみんなの劇場へ来てみませんか!5月はわらび座公演「ミュージカルセロ弾きのゴーシュ」 7月はイタリアからミケーレ・カファッジを迎えてのしゃぼん玉ショー「シャボン玉のコンサートのはじまりはじまり」を上演します。3ヶ月会費で期待の2作品に参加できます。きっといい出会いになりますよ~。みなさんの参加をおまちしています。観に来てね♪

お問い合わせはNPO法人みんなの劇場・おかやま

TEL086-942-1544 FAX086-206-7550 E- mail:info@npo.sakuraweb.com

セロ弾きのゴーシュ表 Microsoft Word - シャボン玉コンサートチラシ表3 (565x800)

 

 

子どもと文化 劇場にできること

げきじょう案内表ブログを担当している太田です。小学2年生の娘の手を引いてワクワクしながら初めて鑑賞会に参加したのは今から28年前、劇団かげぼうしの「スイミー」でした。暗い劇場空間にたくさんの親子が集まってカラフルな影絵の世界を楽しみました。そのあと、みんなで影絵に挑戦と動物の影絵を役者さんたちが教えてくれたのです。娘は両方の手で器用にウサギの影絵をつくり上機嫌。そして「スクリーンに映してみたい子はおいで」と言われ、トコトコと舞台へ上がっていきました。のんびり屋で引っ込み思案な子だと思っていたので「ヘエーこんなこともできるんだあ」とビックリ!! ライブステージのチカラを感じました。それから娘は大学生になるまでいろんな演劇やパフォーマンスを楽しんできました。母になった娘からこの間、「子ども時代に体験させてくれてありがとう」と言われましたよ。長い道のりだわ。文化ってじわじわっと身体にしみこむものだからね。

セロ弾きのゴーシュ表地域の子どもたちが文化を通して、多様な人たちに出会い、さまざまな価値観を共有して、逞しい人に育ってほしいとママたちが立ち上げた西大寺子ども劇。来年で設立35年を迎えます。名前は変わりましたが願いは今でも同じです。

演劇は何もない空間に役者さんと観客でイメージを創りあげるアートなのです。共有したイメージの中で笑ったり、泣いたり、怒ったりとさまざまな感情を体験していきます。その面白さや醍醐味はやっぱり観てもらわないとわからない・・・

そこで提案!まずは5月~7月までお試しでみんなの劇場へ来てみませんか!5月はわらび座公演「ミュージカルセロ弾きのゴーシュ」 7月はイタリアからミMicrosoft Word - シャボン玉コンサートチラシ表3 (565x800)ケーレ・カファッジを迎えてのしゃぼん玉ショー「シャボン玉のコンサートのはじまりはじまり」を上演します。3ヶ月会費で期待の2作品に参加できます。きっといい出会いになりますよ~。みなさんの参加をおまちしています!観に来てね♪

 

宮沢賢治「セロ弾きのゴーシュ」

5月の舞台鑑賞会はわらび座の「セロ弾きのゴーシュ」

物語の作者・宮沢賢治(1896〜1933)は、岩手が生んだ世界的な作家です。詩人、童話作家である賢治の作品は日本文学に新風を吹き込みました。不思議な名まえや独自な比喩、豊かなオノマトペが登場する物語は圧倒的なイメージ力で国を越え、世界の人々を魅了しています。

9784769023081

セロ弾きのゴーシュ 好学社刊

宮沢賢治といえば小学6年生国語教科書にあった(光村版)『やまなし』を思い出す人も多いはず。

『クラムボンはわらったよ。』
『クラムボンはかぷかぷわらったよ。』

クラムボンって??? うーむ、てつがく的?

いよいよ大型連休が始まります。おでかけの合間に宮沢賢治の絵本を親子で読んでみませんか!最近はてつがく絵本も人気です。元祖てつがく絵本「セロ弾きのゴーシュ」 おススメです!!

 〒704-8111 岡山市東区西大寺北946(月~金曜日10時~17時・土日祝祭日休み)TEL086-942-1544 FAX086-206-7550 E- mail:info@npo.sakuraweb.com

自然体験&新中高生を祝う会&げきじょう交流会2019

全景

大きな柿の木も新芽が芽吹いています。 50人いても広々の劇場事務局庭

2019年4月21日(日)10:00~12:30
みんなの劇場事務局周辺

暑いくらいの陽気の中、餅つきメインのデイキャンプを開催しました。
参加者には常連さんから劇場に入会したてのファミリーもいます。
開会前から虫とりや魚とりに夢中の子たち。

家族ごとの自己紹介と新中・高校生の紹介の後、子ども達は劇場リーダーのパパについてお散歩。草花や虫やそれぞれの春を見つけました。

あめんぼを捕まえてうれしそうな男の子

帰ってくると、もち米も蒸しあがり、餅つきスタート。
最初の練るのが肝心!ここはパパのお仕事です。
だいたい出来上がると子ども達の出番!ぺったんぺったん小さなきねでつきました。

もちねり

蒸しあがったもち米を杵でねりねり。ここが肝!

1臼目はあんもちを作りました。
あんこは事前に丸めておいて、平たく丸くしたおもちで包みます。
ベテラン会員さんがあんのつつみ方を伝えます。

もちまるめ

ベテランさん、さすがの手つき 何事も経験と慣れですよ

あんもち

できたできた、あんもちができた!

2臼目は水餅。つきあがって返す時に水を多めに足して、やわらかいおもちにします。
小さ目にちぎって、きなこやおろしポン酢、納豆でいただきます。
のどごしがよくて、もっと食べたい~の声続出。大なべで作った豚汁もおかわり自由。

スモア

お腹がいっぱいになったけれど、スモアは別腹。あぶったマシュマロをチョコビスケットやクラッカーではさんで食べます。

まだまだ遊び足りなさそうな子どもたちもいましたが、大人は心地よい疲労感の中、春のデイキャンプしめくくりました。泣きべそかいても、思い通りにならなくてもすべては経験!皆さんお疲れ様でした。