宮沢賢治「セロ弾きのゴーシュ」

5月の舞台鑑賞会はわらび座の「セロ弾きのゴーシュ」

物語の作者・宮沢賢治(1896〜1933)は、岩手が生んだ世界的な作家です。詩人、童話作家である賢治の作品は日本文学に新風を吹き込みました。不思議な名まえや独自な比喩、豊かなオノマトペが登場する物語は圧倒的なイメージ力で国を越え、世界の人々を魅了しています。

9784769023081

セロ弾きのゴーシュ 好学社刊

宮沢賢治といえば小学6年生国語教科書にあった(光村版)『やまなし』を思い出す人も多いはず。

『クラムボンはわらったよ。』
『クラムボンはかぷかぷわらったよ。』

クラムボンって??? うーむ、てつがく的?

いよいよ大型連休が始まります。おでかけの合間に宮沢賢治の絵本を親子で読んでみませんか!最近はてつがく絵本も人気です。元祖てつがく絵本「セロ弾きのゴーシュ」 おススメです!!

 〒704-8111 岡山市東区西大寺北946(月~金曜日10時~17時・土日祝祭日休み)TEL086-942-1544 FAX086-206-7550 E- mail:info@npo.sakuraweb.com

5月鑑賞会は宮沢賢治の世界

圧倒的なイメージと独特の語彙で紡がれる宮沢賢治の物語は、たくさんの人々を魅了し続けています。その中から代表的な2作品がお芝居と人形劇になって登場です。大型連休明けのひととき、賢治の哲学空間を旅してみませんか?

「セロ弾きのゴーシュ」
秋田を拠点に活動するわらび座の公演です。賢治のふるさと岩手の郷土芸能や和楽器がにぎやかに登場します。 東北の風土が造り出した豊かなパフォーマンスにもぜひご期待下さいセロ弾きのゴーシュ裏

「銀河鉄道の夜」
銀河鉄道の夜チラシ人形劇団クラルテ公演です。人形はときに人間を超えて私たちに語りかけてくれます。紙という素材で作った個性的な人形たちです。人形劇ファン必見の作品です。

鑑賞希望・お問い合わせは
NPO法人みんなの劇場 086-942-1544
info@npo.sakuraweb.com

即興セッション「ガラクタに咲いた花」報告

ピアノ (2)

やたらとウケてたブヒブヒ

ピアノ (1)

全身で演奏?!

55551929_2116493061791193_5586961254695567360_o

ピアノって、どうやって音が出てるのかな?近くにきて見てみよう!

55771750_2116493091791190_6028249533538893824_o

子ども 目ジカラ 未来を見つめる

2018年度鑑賞会の締めくくり 3月「ガラクタに咲いた花」コンサート
まずはロビーのガラクタ楽器づくりに子どもたちは夢中で、それぞれに工夫をして愉快な楽器を作っていました。

いよいよ幕開け。
客席の階段をともともさんはピヨピヨ笛を重松さんはピアニカを吹きながら登場!
やがて 二人は子どもたちの中に入り
ひっくり返ったり
椅子の上でのけぞったり
今度はピアノに寝ちゃったよ
ともともと重松さんは響き合い 外しあう
予測不能な即興演奏でした。
ステージには16年前に子どもたちと描いた大きな絵が飾られて会場を盛り上げました

会場とのセッションでは ともともファンがビックリのガラクタ楽器をかきならし、子どもたちは待ってましたと元気よくセッションしました。心も体も解放されて自由だー♪

コンサートは40分オーバーで終了
あふれんばかりのパワーを感じましたねー
まとまらない まとめない
こんなコンサートもまたいいな

即興ピアノ+ガラクタ楽器コンサート

2019年3月17日(日)14:00開演(上演時間1時間30分休憩あり)ゆめトピア長船

万華鏡のように繰り出される 自由で奇想天外な即興セッション!

ガラクに命を吹き込む打楽器奏者「山口とも」と、すべての命に向けて音を紡ぐピアニスト「重松壮一郎」 ジャンルを超えた二人の音が、イマココで出会う一期一会の即興lコンサート。会場にいる大人も子どもも音を生み出す参加者です。当日は、楽器(音を奏でるモノ)を持ってきてね。また当日ロビーで手作り楽器をつくれるよ♪(12:30から)

聞くだけじゃなくて、みんなでDOする!楽しいゆかいだけど美しい。生のステージじゃないと体験できない魅力がいっぱいです。3月鑑賞会から5月まで短期で入会してみませんか!3ヶ月会費で2作品も参加できるオトクな期間。当日でも参加OKです!

お問い合わせは みんなの劇場おかやま 086-942-1544まで

3月は即興セッション「ガラクタに咲いた花」

がらくたチラシ表面2019年3月17日(日)14:00開演(上演時間1時間30分休憩あり)ゆめトピア長船

万華鏡のように繰り出される 自由で奇想天外な即興セッション!

ガラクに命を吹き込む打楽器奏者「山口とも」と、すべての命に向けて音を紡ぐピアニスト「重松壮一郎」 ジャンルを超えた二人の音が、イマココで出会う一期一会の即興lコンサート。会場にいるみんなも音を生み出す参加者です。当日は、楽器(音を奏でるモノ)を持ってきてね。また手作り楽器をつくるブースも設けます!ゆかいだけど美しい。生のステージじゃないと体験できない魅力がいっぱいです!

観劇の方法は→この作品だけ観ることもできますが、短期でもいいので継続してガラクタちらし裏観ることをオススメします。「文化で子育て」がモットーのみんなの劇場には、魅力的な仲間がいっぱいいます。また、子どもの体験活動も充実ですよ。1人月会費1100円 初回のみ入会金200円 (4才~大人)在籍は2ヶ月以上から。〇お問い合わせは みんなの劇場 086-942-1544 まで