真冬のスローライフ体験inWaccaファーム

1/14(土)10:00~13:00 ワッカファーム 参加者子ども18人

wacca空この冬一番の寒波到来!強風で痛いほどの寒さの中のスローライフ体験です。県道からファームまでの里山の道を10分ほど歩いてウォーミングアップ。ワッカファームでは強風のため例年と違い小さな焚火で出迎えてくれました。「飛び火で山火事になったら困るから、勝手に火遊びをしないこと」が約束です。スタッフ紹介と子どもの出席をとった後、コンポストトイレの使い方とその循環IMG_6729について教わり、ファームを散策します。

麦畑では小さな青い草が南部小麦で、踏むことで強くなると教わりました。「みんなで麦踏をして」と頼まれ、なぜが一斉に走り出す子どもたち。笑顔の麦踏みダッシュが何往復も続きます。次は土手をよじ登り、池の前で集合写真撮影。目の前にファームが広がり、全体をイノシシ除けの電柵ネットが取り囲んでいました。

竹林へ移動後、4グループに別れて竹細工用の竹の切り出し、広場まで運びます。倒す向きや距離、運搬にもコツがあることを体験しました。みんなで協力して竹を運ぶ姿も生き生きしています。竹を八割にする道具にみんな興味津々。見事割れると、歓声が上がります。ナイフを使って箸作りをする子、コップや器作りをする子など思い思いに手を動かしました。竹工作でおみくじキットを作った子、家族のための箸や器を作った子もいました。

そしてお待ちかねの棒パン体験。パン生地を棒状に伸ばし、竹に巻き付けて焚火でじっくり焼きます。少し焦げたって大丈夫!「おいしい、おかわり!」と2度、3度焼いて食べました。煙がしみて目が痛かったけれど、みんな忍耐強かったです。

最後はビニールハウスでワッカファーム代表のタツヤさんのお話。

「イノシシが畑を荒らすのは、人間が里山の木を薪などに使わなくなって整備をしなくなり、動物に山と畑の境界線がわからなくなったから。竹でお箸や器を作るのはこんなに簡単で、抗菌作用もあるのに、なぜ、自分で作らないのか。その理由を帰ったら家族で話してみてほしい。僕らはここにいるから、またいつでも遊びに来て」

子どもの感想です。

・竹ではしがうまく作れてうれしかったです。・パンがおいしかった!(他5人)・たのしかったです。・はじめてやって、とても楽しかった。・竹でいろいろ作れてたのしかったです。・ヤギがかわいかった。・こけておこられた(笑)ヤギがいっぱい食べていた。・たのしかったぜ!・いろんなことを体験できてよかった。・竹でコップを作ってのんだから、作ってよかったです。・いろんな友だちができたし、すいとうが作れて楽しかった。・色々なことができたり、作ったりできて楽しかった。・竹ではしを作ったのがたのしかったです・ヤギのさんぽができてよかった。来年もきたい。


新居典子さんのナチュラル料理教室

IMG_3400平成28年瀬戸内市協働提案事業 2017年1月8日(日)10時~12時 参加者22人 瀬戸内市中央公民館 私たちの体は食べ物でできている。当然のことだけど、日々の生活の中では見逃しがちです。そこで、子育て応援カンガルーポーでは「子どものからだにやさしいナチュラルフード料理教室」を開催しました。

.講師は瀬戸内市在住の新居典子さん。
彼女の作る独創的なオーガニックフードは、各地のマルシェで人気です。
今回は暮らしに無理なく取り入れられるナチュラルフード料理ということで、スコーンと重ね煮の豆乳スープを教えてもらいました。

15894328_1179346102172565_8079203456095616702_nまずはスコーンから。
新居さんのお手本をみんな真剣にみたあと、自分たちがスコーンづくりに挑戦します。サクッと美味しくつくるには、少しお酢をいれるのか!生地をパイのように畳んだらフワッと美味しそう!
ヘェ〜、いろんな発見の連続です。

重ね煮は、お鍋に野菜を順番に重ねて、ほぼ無水で煮ます。そしてその重ね方が興味深い。野菜の出来る位置が大体の目安になるのです。太陽に近く出来る野菜はお鍋の下。土の下にできる野菜が上。逆になる。これでパラン15940744_1179346128839229_1839726352627424335_nスよく仕上がるそうだ。ギュギュっと詰めて「美味しくなあれ」のおまじないをしてから火にかける。

出来上がりのお鍋の中が美しい料理もやっぱり芸術です。

2品とも上手に美味しくできました。託児室でお待ちかねの子どもたちも合流。みんなでモリモリ食べて、豊かなひとときでした。たまには、お家でこんな贅沢な時間をお楽しみくださいね。新居典子さん、本当にありがとうございました。

これからもカンガルーポーでは、子どもと過ごす豊かな暮らしの提案を考えていきたいと思います♪

 


12月まとめ「勉強をしよう 瀬戸内」

12月27日(火)14:00-15:20 瀬戸内市民図書館・ 瀬戸内市中央公民館

img_3333瀬戸内市とみんなの劇場のコラボで今年度、取り組んでいる、夏休み、冬休み子どもの学習支援「勉強をしよう」。邑久高校と市民図書館の協力をいただいて実施しました。夏も冬もチラシ配布と同時にあっという間に募集定員一杯になってしまいました。子どもたちにとって宿題がはかどったのはもちろん、やさしいお兄さん、お姉さんとのふれあいが何より楽しかったようです。高校生ボランティアのみなさん、ありがとうございました。

①学習 参加者34人 学生ボランティア23人  小学生の感想より

*すごくたのしかった。おべんきょうをおしえてくれてありがとうございます。1年生 *高校生の人がわかりやすくヒントをくれたから楽しく勉強できた。3img_3331年生 *上手におしえてくれたのでよくわかりました。またきたいです。4年生  *自分の数学の苦手だった所はとてもむずかしかったのに、わかりやすいようにいっしょに考えてくれてよかったです。この勉強会に参加してよかったです。6年生

②習字 参加者16人 学生ボランティア4人 小学生の感想より

*いろんなコツをていねいに教えてくれてうれしかったです。3年生*わかりやすく高校の人たちが教えてくれました。とてもうれしかったです。ありがとうございました。4年生 *学校より分かりやすくてきれいにかけるようになった。3年生 *「山の雪」の「の」の大きさとか、太さに気をつけて書けたと思いました。おねえさんが丁寧にやさしく教えてくれたからやりやすかったです。ありがとうございました。4年生 *宿題がおわってよかった。大きさなどに気をつけたほうがいいのがわかった。5年生


アートプログラム「子どもアートの旅」報告

15230615_1136732839767225_8370074861053102356_n  「自分で考え、表現する力」をテーマに西大寺公民館とみんなの劇場とでアートプログラムを企画しています。毎回、いろんな切り口で個性的な講師が子どもたちの可能性を引き出すこの講座。今年で4年目をむかえます。
今回はその中でもピカ1なオーラを放つアートデレクター花房太一さんにナビゲートをお願いして、子どもたちと現代アートの大展覧会岡山芸術交流2016に行ってきました。
題して
【子どもアートの旅】
寒い寒い朝、集合はライアン・ガンダーの作品前でした。アスファルトを砕きながらそこに着地したかのような巨大な銀色物体は、これからはじまる不思議な旅を予感させます。

先生「これ何に見える?」
子ども「UFO」「人間?」
先生は 「周りをぐるっと回ってみてごらん」

子どもたちは好奇心いっぱいに眺めます。現代アートは体験するアート。額縁に入った絵とは違います。だからはじめに鑑賞方法を伝えました。

「なんで芸術作品は大切にしなきゃいけないなかわかる?モナリザは500年以上前の作品です。それを現代の私たちは見せてもらっている。この作品たちも500年後の人々に見てもらうためにある。壊すとどうにも責任がとれないんだ。だから、大切にみなくちゃいけないんだよ。」

真剣に話を聞く子どもたち。こうして、花房先生と子どもたちとの旅ははじまりました(^。^)

花房先生からの問いに子どもたちは一生懸命答えます。そのようすは真剣ながら笑いをさそい、和やかな雰囲気で包まれました。作品を見ながらまたまた先生は言いました。

「よし、今日のテーマは(比べる)に決めました。何がちがうか考えてみよう!」いろんな対比を探します。そうしているうちに、不思議なことを発見しました。作品を見て体験している自分が、誰かに見られている作品の一部になっている‼︎

大人の私は考えてハッとする。もしかして私は自分を生きているのか?誰かに作られてるんじゃない?あー深い深すぎる。

今回、花房先生が作って下さったまとめシートが秀逸です。そして、子どものクリエイティブな感想が秀逸。画像をご覧ください。

とてもとても面白かった。現代アート×花房太一氏×子どもは最高の響きあいでした。
花房太一先生、岡山芸術交流2016の関係者のみなさま、ありがとうございました。


芸術の秋 子どもアートの旅

microsoft-word-%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%ae%e6%97%85%e7%94%bb%e5%83%8f西大寺公民館とコラボして『チルドレン・ミート・アーツ 子どもアートの旅』を企画しています。これは今、岡山市で開催中の「岡山芸術交流/アートサミット2016」に子どもたちと一緒に参加してみようというもの。この旅をナビゲートしてくれるのはアートデレクターの花房太一さんです。子どもたちと現代アートがどんな相乗効果を生み出すのか⁉とっても楽しみです。もう少し定員に余裕があります。お申し込みはお早めに!
とき:2016年11月23日(祝・水)10時~12時
場所:ライアン・ガンダー作品前(県立美術館近く)
9時45分集合・雨天は天神山文化プラザ
対象:小学生・中学生親子
(小学4年生以上は子どもだけでも参加できます。
参加費:1人200円
大人は展覧会参加チケットが必要です。 各自ご購入ください。
定員 30人程度(要申込み)

〇まずはお電話かメールで参加希望をお伝えください。
*NPO法人みんなの劇場おかやま
TEL086-942-1544 E-mail:info@npo.sakuraweb.com
*岡山市立西大寺公民館 TEL:086-942-6252