即興ピアノ+ガラクタ楽器コンサート

2019年3月17日(日)14:00開演(上演時間1時間30分休憩あり)ゆめトピア長船

万華鏡のように繰り出される 自由で奇想天外な即興セッション!

ガラクに命を吹き込む打楽器奏者「山口とも」と、すべての命に向けて音を紡ぐピアニスト「重松壮一郎」 ジャンルを超えた二人の音が、イマココで出会う一期一会の即興lコンサート。会場にいる大人も子どもも音を生み出す参加者です。当日は、楽器(音を奏でるモノ)を持ってきてね。また当日ロビーで手作り楽器をつくれるよ♪(12:30から)

聞くだけじゃなくて、みんなでDOする!楽しいゆかいだけど美しい。生のステージじゃないと体験できない魅力がいっぱいです。3月鑑賞会から5月まで短期で入会してみませんか!3ヶ月会費で2作品も参加できるオトクな期間。当日でも参加OKです!

お問い合わせは みんなの劇場おかやま 086-942-1544まで

3月は即興セッション「ガラクタに咲いた花」

がらくたチラシ表面2019年3月17日(日)14:00開演(上演時間1時間30分休憩あり)ゆめトピア長船

万華鏡のように繰り出される 自由で奇想天外な即興セッション!

ガラクに命を吹き込む打楽器奏者「山口とも」と、すべての命に向けて音を紡ぐピアニスト「重松壮一郎」 ジャンルを超えた二人の音が、イマココで出会う一期一会の即興lコンサート。会場にいるみんなも音を生み出す参加者です。当日は、楽器(音を奏でるモノ)を持ってきてね。また手作り楽器をつくるブースも設けます!ゆかいだけど美しい。生のステージじゃないと体験できない魅力がいっぱいです!

観劇の方法は→この作品だけ観ることもできますが、短期でもいいので継続してガラクタちらし裏観ることをオススメします。「文化で子育て」がモットーのみんなの劇場には、魅力的な仲間がいっぱいいます。また、子どもの体験活動も充実ですよ。1人月会費1100円 初回のみ入会金200円 (4才~大人)在籍は2ヶ月以上から。〇お問い合わせは みんなの劇場 086-942-1544 まで

 

2019年作品ラインナップのごあんない

garakuta_pr_p1みんなの劇場は町の小さな文化拠点です。2019年の鑑賞会テーマは「多様な文化との出会い」

イタリア・フランス・スウェーデン・インドネシアなど、さまざまな国のアーティストや劇作家の作品を企画しました。また、それぞれの作品は、日本文化も融合させて、より多様な味わいをかもし出しています。

どれも子どもたちが楽しく参加できるステージです。そして大人の方々にも十分に見ていただけるクオリティーの高いものです。

舞台鑑賞会に触れる機会って、日本では本当に少ないですよね。ちょっとハードルが高いかもしれませんが、一度劇場に来てみてください。感動の舞台体験は、子どもたちとの思い出の宝物。劇場はみなさんをお待ちしています♪

クリック→2019年のラインナップページ

 

森の学校冬編 里山フィールドワーク

冬編森の学校冬編「里山フィールドワーク」が無事終了しました
前日は暖かく、青空に恵まれていましたのに
朝起きてみると雨
ガックリ_| ̄|○
気を取り直してアプリで天気予報を確認
1時間遅らせばイケる!

小雨で始まった自然体験でしたが、講師の小林さんと竹内さんの的確なアドバイスで、ものすごく素敵な体験ができました!竹を切って箸を作って 木を切って橋を作った!
自然の中で、子どもたちは
グングンたくましくなっていく

雨上がりの里山に、木洩れ陽が差して
美しく神秘的な景色を見ることができました。
雨の日は雨の日の楽しみがある。
おしまいに
焚き火で作った焼き芋を食べました。
それはそれは極上の味でした

冬編3 (1)

竹を切り出し、箸用にカットしていきます

冬編3

自分で作ったお箸で豚汁を食べました!

松元ヒロライブ2019に感動! 

ヒロ2年ごとに松元ヒロさんを西大寺にお招きすること9回目。何と今回は最期の平成天皇誕生日でした。天皇陛下のものまねを織り込むオープニングはこの日ならでは。ヒロさんの芸に惚れ込んだ有名人との交友録は灰谷健次郎、井上ひさし、筑紫哲也などビッグネームが次々と。平和を願う人たちとの強い絆を感じました。今年の流行語大賞にもノミネートされた「チコちゃん」に安倍首相を叱ってもらったり、ピースボートで訪れた軍隊のない国コスタリカの話など観衆を大いに笑わせ、勇気づけてくれました。

今回のメインは「不死身の特攻兵」(講談社現代新書刊)。特攻兵として9回出撃したにもかかわらず、9回生還し、2016年まで生存していた佐々木友次さんの実話です。全体主義の中、自分で考え行動し、命を全う人たちがいたことを知りました。今回のアンコールは「憲法くん」。最後に憲法くんが、こう問いかけます。「私をどう使うかは皆さんです。それでは、私をみなさんに託しましたよ。」と。大きな拍手が沸き起こり、松元ヒロソロライブ2018は幕を下ろしました。次は2020年です。お楽しみに!